Loading...
Official Event バトルミッション・オブ・HMMゾイドイベント「エアスタンド・リバー会戦」
array(13) { ["_edit_lock"]=> array(1) { [0]=> string(12) "1601530992:3" } ["_edit_last"]=> array(1) { [0]=> string(1) "3" } ["_expiration-date-status"]=> array(1) { [0]=> string(5) "saved" } ["_thumbnail_id"]=> array(1) { [0]=> string(3) "196" } ["_wp_old_date"]=> array(1) { [0]=> string(10) "2020-09-08" } ["affiliation"]=> array(1) { [0]=> string(6) "帝国" } ["name"]=> array(1) { [0]=> string(6) "gallop" } ["point"]=> array(1) { [0]=> string(3) "1pt" } ["mainimg"]=> array(1) { [0]=> string(3) "196" } ["frontimg"]=> array(1) { [0]=> string(3) "197" } ["backimg"]=> array(1) { [0]=> string(3) "198" } ["topimg"]=> array(1) { [0]=> string(3) "199" } ["ogp_image"]=> array(1) { [0]=> string(0) "" } }

title セイバータイガー・ザ・スナイパー
affiliation 帝国
name gallop
comment

西方大陸戦争初期に活躍したセイバータイガーの改造機。中央大陸戦争期の改造サーベルタイガーを参考にガイロス帝国が開発した。

背部の大型スナイパーライフルはシールドライガーの装甲をも貫通する威力を誇り、遮蔽物の無い砂漠地帯では特に恐れられた。

戦争初期は機動力と長射程を活かして共和国軍の侵攻を抑えていたが、強固な装甲を持つディバイソン、シールドライガーを凌ぐ機動力・運動性を備えるブレードライガーの出現によりその優位性は揺らぎ、撃退されることも多くなった。

最期はニクシー基地への撤退戦の殿を努めたという証言があるが真相は定かではない。