Loading...
Official Event バトルミッション・オブ・HMMゾイドイベント「エアスタンド・リバー会戦」
array(13) { ["_edit_lock"]=> array(1) { [0]=> string(12) "1601530961:3" } ["_edit_last"]=> array(1) { [0]=> string(1) "3" } ["_expiration-date-status"]=> array(1) { [0]=> string(5) "saved" } ["_thumbnail_id"]=> array(1) { [0]=> string(3) "201" } ["_wp_old_date"]=> array(1) { [0]=> string(10) "2020-09-07" } ["affiliation"]=> array(1) { [0]=> string(9) "共和国" } ["name"]=> array(1) { [0]=> string(12) "コウテン" } ["point"]=> array(1) { [0]=> string(3) "1pt" } ["mainimg"]=> array(1) { [0]=> string(3) "201" } ["frontimg"]=> array(1) { [0]=> string(3) "202" } ["backimg"]=> array(1) { [0]=> string(3) "203" } ["topimg"]=> array(1) { [0]=> string(3) "204" } ["ogp_image"]=> array(1) { [0]=> string(0) "" } }

title シールドライガーMk-2.zero
affiliation 共和国
name コウテン
comment

○機体設定
共和国軍に所属する研究員が移動中に大破したライガーゼロを発見した。機体は修復が難しい状態まで破壊されていたが奇跡的にゾイドコアは一命を取り留めていたため、延命させるためにたまたま修復中だったこのシールドライガーに移植された。
拒絶反応等を見せるかと思われたが、ゾイドコアはすんなりと順応し、現在に至る。
しかしながら、ライガーゼロのコアから放出されるエネルギーはシールドライガーの想定を遥かに上回っており、稼働可能時間は短くテスト機体として現状は使用されている。
今後はコア本来のスペックを発揮出来るようにライガーゼロへの改修計画も進められており、試験的にではあるが爪はストライクレーザークローへ変更されている。またキャノピーも装甲式の物へ変更されてライガーゼロを意識されている。

・武装
Eシールド発生装置
レーザーサーベル
ストライクレーザークロー
三連衝撃砲
AMD二連20㎜ビーム砲
対ゾイド30㎜二連装ビーム砲
二連ビームキャノン

・コメント
もともとトミー製ライガーゼロをHMM仕様に改造するために購入した機体ですが今回の企画を拝見し、急遽簡単ながら製作させて頂きました。
一応その計画はやろうと思っているので今回このような塗装を行って今後の製作を意識しながら作ってました。