Loading...
Official Event バトルミッション・オブ・HMMゾイドイベント「第二次エアスタンド・リバー会戦」
array(12) { ["_edit_lock"]=> array(1) { [0]=> string(12) "1639644756:1" } ["_edit_last"]=> array(1) { [0]=> string(1) "1" } ["_expiration-date-status"]=> array(1) { [0]=> string(5) "saved" } ["_thumbnail_id"]=> array(1) { [0]=> string(4) "1671" } ["_wp_old_date"]=> array(1) { [0]=> string(10) "2021-10-15" } ["affiliation"]=> array(1) { [0]=> string(6) "帝国" } ["name"]=> array(1) { [0]=> string(30) "下山田ナンプラーの助" } ["point"]=> array(1) { [0]=> string(3) "4pt" } ["mainimg"]=> array(1) { [0]=> string(4) "1671" } ["frontimg"]=> array(1) { [0]=> string(4) "1672" } ["backimg"]=> array(1) { [0]=> string(4) "1673" } ["topimg"]=> array(1) { [0]=> string(4) "1674" } }

title レイジングサイクス
RAGING SAIX
affiliation 帝国
name 下山田ナンプラーの助
comment

 暗黒大陸戦争突入後、一向に新鋭機を与えられなかったガイロス帝国正規軍が共和国軍および鉄竜騎兵団双方の脅威に対抗するためにライトニングサイクスを改造した隠し球。
 大出力のレイジングブースターをはじめ大小の増速装置を複合させた背部ユニットを装備し、機体安定・姿勢制御も兼ねたウイングブレードで一瞬にして敵機を切り裂く。
 また、背部ユニットは分離し支援機として単独行動が可能。
 増設したブースターの分、大量のエネルギーを必要とするようになったためオーガノイドシステムのレベルアップによって出力を担保したが、代償として操縦性は難化。
 ブースターを全開にした瞬間最高速度は750㎞/hを超えるものの、そのスピードが出せる時間は一分もない。

「最速」を目指してMSGをごちゃごちゃ積んでみました。機体名はレイジングブースターから取り、その頭文字としてRマークをジェノブレイカーから持ってきています。したがって紛らわしいですがリッツ機というわけではありません。
 なおライトニングサイクスは構造上、首と頭が水平より上に上がりませんが干渉部分を削り一部のパーツを取り外すなどの工作によって解消、顎引きや咆哮ポーズを実現可能にしました。